相続税の税率のやさしい計算方法

分かっていても払わなくてはいけない”相続税”。

 

一体、どの程度の税金を払わなければいけないのでしょうか?改正した新しい相続税率での計算方法や、簡単に出来る節税対策、
相続税対策に精通している専門の税理士を紹介します。

 

当サイトでは、最終的な相続税の額は税理士に依頼することで、土地を含めた資産の対策、生前贈与、などの節税対策を踏まえた金額になるので
早めに専門の税理士に相談することをお薦めしています。

 

税理士の中でも特に”相続税” ”相続対策” に強く相談を無料で引き受けてくれる税理士事務所をご紹介します。
無料でより詳細な相続税の計算もしてくれます。

 

 

相続税の節税対策

相続税の節税対策で相続税を最大限に制御したいということは誰もかれも考えていることで、相談がいくつもあるのですが、思いもよらないベイシックな事しか認識されていないことが結構多いのが現在の姿です。
それでは、相続税の節税に関する根本的なことを整理してみましたので、今後の参考にしてください。相続税の節税対策で頭を抱えるのは、予想の通り、財産を無くせばいいのですが、それではやる意味が無くなります。
そういうわけで、相続税の節税対策では、課税の対象になる財産を圧縮したり、法によって認可している贈与税がかからない次元で上手に利用して、相続する財産に向けた課税対象価額を減額することが基本的なのです。
<生前贈与で節税>で相続税を少なくするための相談として、まず先に大事な制度として生前贈与があります。生前贈与とは、生きているうちに資産を相続人に贈与してしまう制度です。生前贈与には、贈与税が責務なのが普通ですが、生前贈与には減額する控除の仕組みが活用できるので、こうした制度を使えば節税ができるのです。
例を挙げると、制度を上手く使用すれば、年間110万円までの贈与は、非課税になります。よしんば110万円を超えても200万円以下であれば税率は10%です。ですから、例えば子供が4人いれば、年間で440万円まで財産を子供に税金がなくプレゼントが不可能ではなくなります。
<教育資金>で子や孫に親から教育資金を贈り与える折は、1500万円までなら贈与税に課税はありません。この内容の教育資金には、入学資金や授業料、給食費や修学旅行費などが全て該当します。<妻又は夫に対する不動産贈与>妻又は夫への相続税の基礎控除は、法定相続分か1億6000万円の多い額まで非課税なのです。
そして、結婚生活が20年以上は、土地や家などを配偶者に贈与する時は、2000万円の基礎控除の額が許されます。<生命保険の適用で節税>こちらも良くでて来るのですが、保険なども相続税の節税には、相続税の節税に活用することが可能です。
その生命保険料分の現金で贈与を継続し、被相続人の親が死んだとき、子に生命保険金が払い込まれる保険の契約に設定すれば、子供はこの保険金を相続税の課税対象ではなく、所得以外の一時所得の所得税対象なり取得するため相続税の節税作用があります。
一時所得は、稼ぎから経費を引いて、加えて、50万円の基礎控除が出ます。それから、その金額を2分の1にした額が課税対象になるので、大幅に節税になるのです。<不動産を活かして節税>の相続税の節税対策でかなり重要なことは、不動産を利用する節税です。現金や預貯金等と違い、不動産はその評価額を決めて相続税を計算しますので、この評価のプロセスで節税が可能なのです。
不動産は、市価よりも約3割から4割程度評価額は低く評価されます。さらに、家の購入時の控除にもう一つ、リフォームした場合でも控除が得られるため、大きな節税効果があるのです。もしも、相続税のことでほんの僅かでも疑問がある方は、税理士に気楽に相談してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

税理士費用・料金の相場

 

 

 

税理士費用の料金相場 個人経営者や小規模業者が節税や確定申告をしたい際、税理士に委託を考え付く局面も来ると思います。とは言っても、税理士費用にかかる金額はいくら位なのか案外知られていません。不安な税理士にかかる費用の料金相場をご案内したいと思います。
税理士費用はローカルエリヤや事務所によって違う・税理士の費用は、場所やその事務所の経営の目指す方向などによって変わってきます。それで、まちまちな税理士事務所の例を、1000万円以下の売上高に対する自営業者の金額で、違いを出してみました。
・愛知県の税理士事務所ひと月当たりの顧問料 1万円(3ヶ月に1回の顔出し)期末の総決算料 6万円記帳代理記載なしの場合は1年間18万円・中野区の某税理士事務所月額顧問料 2万円(3ヶ月に1回の訪問)期末の総決算料 10万円記帳代行による記載なしの場合、年間で34万円
・熊本県の税理士事務所ひと月当たりの顧問料 2万円期末の総決算料 8万円記帳代理記載なしの場合は1年間32万円・横浜市の某税理士事務所月額顧問料 2万円(2ヶ月に1回の訪問)期末の総決算料 10万円記帳代行による記載なしの場合、年間で34万円
顧問契約をしたほうがいいか?・ご覧のように、その事業所によって値段の違いがあります。これはネットで検索した例なので、各税理士事務所も他と比べるために低額の設定にしています。よそからの紹介や自分で憶測で打診した場合は、もっと高い金額の料金設定になる可能性もあります。
・節税や経営状態を一層よくするために、税理士を求めるのに、税理士へ出す料金が目もくらむような金額で経営を抑圧しては逆です。顧問契約するほど費用に限界状態の中小企業もあるでしょう。
・納税負担を軽減するにしてもある程度収益をあげていなければ、税理士に節税対策を練ってもらう意味もありませんし、マイナスだったら節税以前の問題です。それでもなお、会計や確定申告が全然知らないのであれば、確実に税理士に仰ぐしかありません。
希望の税理士を探そう・自社の経営にあった税理士を見つけるのがよいでしょう。気軽に相談しやすく、会社のことを考えた対応をしてくれる税理士を探るのが大切なポイントです。自社の職種に関する経験や指導が豊富な税理士もいいと思います。
税理士のほかにも会計に詳しい知識を持っていて、経営相談に受け入れてくれる人も仲間になります。たいへん、明瞭な価格の料金構成の事務所を選り分けましょう。
・悩んだ場合には、ぴったりな税理士を紹介するシステムの会社があります。税理士を紹介する会社は数多くの税理士が登録していて、おのおの会社の経営に第一に最適な税理士を紹介してくれるシステムの会社です。紹介料がいらない所も数多くあるので、ともあれひとつ相談してみるのもいいでしょう。